私の親、警備員です。


<漁船不明>最後の無線連絡は「波にのまれた」…第2山田丸(毎日新聞)

 「せき込まれた(波にのまれた)」という無線連絡を最後に、レーダーから船影は消えた。12日未明、長崎県五島沖で消息を絶った底引き網漁船「第2山田丸」。所有する長崎市旭町の山田水産本社事務所には、早朝から連絡を受けた社員らが次々駆け付け、男性社員の一人は「心配です」と唇をかんだ。

 社員らに続き、長崎海上保安部や長崎市の職員らも入った本社事務所。第2山田丸には股張保(またはりたもつ)船長(49)のほか、日本人船員3人と中国人船員6人が乗船していたが、安否の情報は入らない。

 午前10時過ぎ、山田浩一朗社長と尾崎武広・事業部長が記者会見し、消息を絶った状況などを説明した。

 それによると、事故の第1報は、12日午前4時20分ごろ。僚船の第1山田丸の船長から尾崎部長に「第2山田丸の前方約400メートルで航行していたら、レーダーから船影が消えた。船の電灯も見えなくなった」と、連絡が入ったという。

 消息を絶った第2山田丸は韓国・済州島沖の東シナ海で、僚船の第1山田丸や、既に操業を始めていた同社の8隻と共に、イカやタイを狙って底びき網漁をする予定だった。

 一方、乗組員の家族らも判明しない消息に焦りの色を濃くした。

 長崎市内に住む股張船長の親族は第2山田丸が行方不明との一報を聞き「保が乗った船が沈没したんですか。その情報は確かですか」と動揺を隠せない様子だった。

たいちのブログ
とものブログ
まさとのブログ
ベビーシッター募集中!
サンクチュアリ
[PR]
# by b67e0yal59 | 2010-01-15 02:53


<スマトラトラ>母子の撮影成功 森林伐採で絶滅懸念(毎日新聞)

 世界自然保護基金(WWF)インドネシアは、スマトラ島中部のジャングルで、絶滅が懸念される野生のスマトラトラの母子の撮影に初めて成功し、動画(http://www.vimeo.com/8351982)を公開した。1970年代に1000頭を数えたスマトラトラだが、森林伐採や密猟の影響で、現在では400頭を下回ると推定されている。

【ニュースがわかる】トラが地球上から消える

 09年7月に森林内に赤外線を感じて作動する無人カメラを設置したところ、雌と子をとらえた。そこで、数を確認するため、9月にトラの通り道にビデオカメラを設置し、雌1頭と子2頭の姿をとらえた。映像にはカメラに近づき、においをかぐ様子が映っている。

 トラが生きるために必要な森林面積は雄で100平方キロとされている。しかし、スマトラ島では、製紙会社の原料調達やパーム油を採取する農園をつくるため森林伐採で生息地が失われている。

 WWFインドネシアの調査チームは「この環境で子どもたちが大人に成長するまで生き残ることができるだろうか。生息地の保護が急務だ」と訴える。

 また、02年からスマトラ島の森林保全に取り組むWWFジャパン(東京)は保護活動に必要な寄付を呼びかけている。【足立旬子】

【関連ニュース】
【写真特集】毎日動物園:動物の親子の写真はこちらにも
釧路市動物園:「タイガ」死ぬ 障害抱えたアムールトラ
<特集>マイエコ:WWFから
<トラの話題>トラと一緒に記念撮影 香川の動物園で人気
<トラの話題>寅年こそ嫁取り 大分の三つ子ベンガルトラ

やすはるのブログ
ひさのりのブログ
現金化
債務整理
無料携帯ホームページ
[PR]
# by b67e0yal59 | 2010-01-13 22:53

    

警備員も結構大変なんです。
by b67e0yal59
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧